レポート Report

試していないタイヤで予選アタック。ドライバーの経験で明日は5番手から。

第2戦で勝利をあげた富士スピードウェイを舞台として行われる第4戦は、真夏の富士とは思えない気温の低さで開幕した。8月の富士で22-23℃というのは非常に珍しいコンディションだ。

フリー走行ではその気温の低さに合わせるのに苦労したのか、思うようにタイムを上げる事が出来ずセッションを終える事になった。

午後の予選に向けてセットの変更やタイヤのチョイスを行ったが、チームが選択したタイヤは午前のセッションでは試していない種類のタイヤだ。このコンディションに合うかどうかは走ってみなければわからない状況だったが、Q1を担当する福住仁嶺選手はそのタイヤでの走行経験があった。

タイヤの性格を把握していた福住選手は、気温低下の影響で暖まりにくいタイヤに熱を入れてからアタックへ入って行った。

午前のセッションの結果を考えるとQ2進出は決してポジティブになれる結果ではなかったが、福住選手はトップと0.125秒差の5番手で見事Q1を突破した。このQ1はトップから最後尾まで1秒以内という熾烈な戦いだった。Q2を担当した野尻智紀選手は福住選手のフィードバックを得ながらアタックに入って行った。危なげない走りで5番手のタイムを記録し、明日は今季2勝目を目指す。


鈴木亜久里監督のコメント

「午前の結果から考えると、ドライバーとチームは良い仕事をしてくれたね。少し冒険しなければならない部分もあったけど、ドライバー達の経験に助けられたね。ここはボク達にとって得意なコースだけど、ライバルも手強いので、良い戦いをして勝ちに行きたいね」

伊与木仁エンジニアのコメント

「今までの車のセットを継承しながら車のセットを進めて行きました。セッション序盤に色々なセットを試せたのが、予選の結果につながったと思います。予選は午前に使わなかったタイヤをQ1で投入しましたが、福住選手はそのタイヤを使った事があったのでうまくまとめてくれたと思います。Q2は大きなセット変更をする必要もなく、野尻選手はタイムを出してくれました。決勝ですが、ロングのセットの確認も出来ていて、悪く無い結果だったので、決勝もそのセットを当て込んでいければ結果がついてくると考えています」

野尻智紀選手のコメント

「なんとか福住選手がつないでくれたので、その中でベストを尽くしました。個人的に難しかったのは午前のセッションできちんとニュータイヤでアタック出来ていなかったので、どんなフィーリングなのか把握出来ていないところでした。しかし、福住選手の良いフィードバックと自分のドライビングをうまく重ね合わせる事が出来たので、今持っているパフォーマンスを出し切れたとは思っています。明日が大事なので、集中して頑張ります」

福住仁嶺選手のコメント

「フリー走行から流れを掴みながら、予選へ向けて細かいところをアジャストしていきました。結果的にタイヤチョイスもうまく行き、タイムは僅差ではありましたが、ギリギリQ1を通過する事が出来ました。野尻選手は午前中、良い状況で走れていなくて、ぶっつけ本番のようなQ2で大変ではありましたが、見事なアタックで5番手のタイムを出してくれました。このポジションからスタート出来るのは非常に楽しみですし、前回の富士ではあのような終わり方だったので、今回は良いレースをして勝ち切りたいと思います」

気温低くタイアを合わせられず、明日は後方から追い上げる

前回の鈴鹿で今季初ポイントを獲得した#55 ARTA NSX GT3は、中盤戦であるこの富士から大量ポイントを獲得すべく、フリー走行に挑んだ。

しかし、気温の低さに翻弄されてしまったのか、下位に低迷してしまう。この気温にタイヤを合わす事が非常に難しく、午後の予選に向けて大幅にセットの見直しを行った。

今回もQ1は2組に分かれ、#55はA組で木村偉織選手が走った。予選の走り出しでバランスの向上は感じられたもののスピードが足りず、Q1突破はならなかった。

明日は21番手スタートとなるが、タイヤが暖まってからのパフォーマンスは良いので、決勝向きの車と言える。後方からの追い上げに期待してもらいたい。


土屋圭市アドバイザーのコメント

「気温が低くて、それに合わせきれなかったね。難しいコンディションだった。しかし、明日のレースは長いので、カッコイイ悪あがきをします。しっかりとレースを戦ってポイントは必ず獲りたいと思っています」

岡島慎太郎エンジニアのコメント

「午前のセッションはウェットからドライに変わってしまい、短い時間でセットを煮詰めるのは難しかったですね。このセッションではアンダーステアが強かったので、それの対策を施してから予選に挑みました。バランス面では改善が見られたものの、周りと比べてタイム差が大きいので、原因を調べる必要があると思っております。明日に向けて改善していきたいと思います」

武藤英紀選手のコメント

「悔しくて非常に残念な予選でした。とは言え、木村選手は今持っている車のパフォーマンスを十分引き出してくれたと思います。今朝は走り出しからタイムが伸び悩んでしまう状態で、予選に向けてセットも大幅に変更してバランスも向上したのですが、低いレベルでバランスが取れているだけで、ピークグリップを上手く引き出せていないので、そこを探って行きたいですね。明日ですが、燃料が重い状態でもまずまずのタイムが出ていたので、順位を上げて行けると思います」

木村偉織選手のコメント

「朝から想定以上に気温が低くて、タイヤが発動しなくて苦労しました。予選に向けてそこを克服出来るようにチームと話をしてセットを進めました。バランスの向上は見られましたが、グリップレベルという観点で言うとそんなに大きな改善は出来ませんでした。明日は、タイヤのウォームアップが課題になってきますが、ロングのセットは良いので、ひとつひとつポジションを上げて行けるようなレースを展開してポイントを獲得したいと思います」

速さ不足を補うコンサバなレースで5位をキープ

昨日とは変わって、今日の富士スピードウェイはようやく夏らしくなってきた。日差しも戻り、30℃を超える気温だ。

パレードラップのあとのフォーメーションラップが急遽3周になり、決勝は99周で行われることになった。

スタートは福住仁嶺選手。福住選手はクリーンスタートを切り、1周目はポジションを維持し、5番手でストレートを通過した。

6周目には前車を抜いて4番手に浮上。福住は安定したペースで周回していった。膠着状態が続いていたが、37周目にルーティンのピットインを行い、野尻智紀選手に交代。8番手でコースに復帰する。

野尻選手のペースはよく、43周目までには4番手にポジションを戻した。野尻選手のペースはトップグループと遜色ないラップで周回していたが、55周目に順位をひとつ落としてしまう。前車に離されないように野尻選手は食らいついていった。

71周目にルーティンのピットインを行い、ドライバー交代、タイヤ交換は行わず、給油のみで野尻選手をコースへ送り出した。野尻選手は8番手でコースに復帰し、前車を追った。

76-77周目の野尻選手は自己ベストを更新、78周目には7番手にポジションアップ。更に前車に追いつき、82周目の1コーナーでのバトルを制し5番手に浮上。

その後も野尻選手はプッシュを続け、前車を追ったが5位でレースを終えた。


鈴木亜久里監督のコメント

「内容は悪く無かったけど、スピードがもう少し欲しかったね。NSX-GTの中ではトップだったけど、次回までにトップで争える車に仕上げて、鈴鹿では勝ちたいね」

伊与木仁エンジニアのコメント

「結果として予選からの順位をキープ出来たのですが、一時、4位まで上がれたのでもう少し上位で争える雰囲気はあったと思います。前を走っていた車はタイムが安定していたので、追いつくのは難しかったかも知れませんが、良くポジションをキープしてくれたと思っていますが、出来れば表彰台は行きたかったですね」

野尻智紀選手のコメント

「最低限の結果は残せたと思います。どういうセットにしても今週のボク達の中で、正直勝ちを見い出す事は出来なかったと思っています。ダウンフォースをつけすぎてストレートは苦しかったのですが、逆にそれが後半までペースを落とさずに、速いペースではなかったけど、安定したペースで走れたと思います。次はホームコースの鈴鹿なので、積極的なレースが出来ればと思います。今回はどちらかというとコンサバなレースをしてしまったと思います。次はもっと楽しいレースをしたいと思います。また応援宜しくお願いします」

福住仁嶺選手のコメント

「最初のスティントを約40周くらい走りましたが、無線の調子が悪くてコミュニケーションが取れない状況でしたが、幸いにもピット側の無線は聞き取れていたので良かったのですが、周りのパフォーマンスに比べるとまだまだ厳しいですね。野尻さんもロングスティントをきっちり走ってくれて、貴重な5位を獲る事が出来ました。鈴鹿はなかなか良い結果を出せていませんが、次はチーム一丸となって結果を出したいと思います」

木村選手の頑張りで表彰台圏内まで上がるもトラブルでリタイア

後方からのスタートなので、チームは入念な作戦を練り、スタートを木村偉織選手で行くことに決めた。

木村選手はスタートを決め、1周目を15番手で戻ってきた。4周目にはひとつポジションを上げて14番手。12周目までにポイント圏内の10番手までポジションアップに成功。ここで給油のために木村選手は14周目にピットイン。給油だけ済ませた木村選手は20番手でコースに復帰。21周目には15番手まで順位を上げる。全体的に見ても、木村選手のペースはトップグループと同じ速さだ。28周目にはポイント圏内の9番手までたどり着き、安定した速さで周回を重ねて行った木村選手はついに39周目には表彰台圏内の3番手までポジションを上げる事に成功。しかし、43周目に原因不明のトラブルで突然スローダウンしてしまう。何とかピットまで戻ってきて修復作業を開始したが、すぐに修復する事は出来ず、周回遅れになってしまう。

何とか車両を修復しドライバーを武藤英紀選手に交代してレースに復帰したが、またコース上に止まってしまい、残念なリタイヤとなってしまった。表彰台圏内までポジションを上げる事が出来ただけに非常に悔しい結果になってしまったが、次回につなげていきたい。


土屋圭市アドバイザーのコメント

「最終的にトラブルでリタイヤとなってしまいましたが、木村は良いレースをしれくれたね。一時は表彰台圏内まで上がったから、本当に良かった。次はノートラブルで最後まで走り切って結果を残したいね」

岡島慎太郎エンジニアのコメント

「路面温度が昨日より上がって、コンディションが変わった中で、今回持ち込んだタイヤがレンジに入ってくれた事が、1stスティント、2ndスティントでペースが良かった要因だと思います。セット的にもレース直前でアンダーステアが少し残っていましたが、バランスの良い状態でレースが出来たと思います。戦略もよく、ペースも良かったので、3番手までポジションを上げる事が出来ましたが、車両側のトラブルでリタイヤとなってしまいました。鈴鹿までに完走出来るような車両に仕上げたいと思います」

武藤英紀選手のコメント

「自分が乗るチャンスは無かったですが、木村選手は凄い追い上げでした。ダブルスティントを同じタイヤで行って、スティントの後半まで安定したペースで走れていましたし、無線ではチームと落ち着いてコミュニケーションも取れて順位を挽回出来て、そこまでは良かったのですが、いよいよ自分が乗るタイミングで車にトラブルが出てしまいました。修復してから再度出走したのですが、コース上に止まってしまいました。好調だっただけにとても悔しいですね。でもパフォーマンスを確認出来たので次につながると思います。トラブルをしっかり修復して次も頑張りたいですね」

木村偉織選手のコメント

「悔しいですね。ペースが良かったので、もしかしたら・・・、結果論ですが、他のチームのペースとか見ていると優勝は難しかったかも知れませんが、2位とか表彰台は見えていたので、本当に悔しいです。今シーズン今まで辛いレースばかりしていましたし、昨日の予選も辛くて辛抱というレースでしたが、今回車的にも良いレース運びが出来たと思っています。レースの組み立てとか今シーズン一番良いレースだったと思いますが、運を引き寄せるのもドライバーの仕事だと思いますので、次回の鈴鹿も頑張ります」

Round.4 / 2022