レポート Report

午前の不調も予選でなんとか挽回して6番手から上を目指す

絶好の秋晴れの中第7戦が始まった。しかし、気温は30℃を超え、暑さがまだ残っている。午前のセッションは車のバランスが良く無くてなかなか良いタイムが出なかったが、少しずつセットを進めフィーリングとしては向上が見られた。

Q1は野尻智紀選手がアタック。セッションの残り7分でコースイン。しっかりとタイヤを暖めてアタック。野尻選手は1周のアタックに賭けていたが、コントロールライン通過前に前を走っていた車両が最終コーナーでスピンしてしまう。イエローフラッグが提示されるギリギリのタイミングでその区間を通過したが、審議の結果、その周のタイムが採用され7番手のタイムでQ2進出を果たした。

Q2は福住仁嶺選手。1番最初にコースインし、十分にタイヤを暖めアタックに入って行った。6番手のタイムを叩き出し、明日の決勝に望みをつないだ。このコースは相性が良いので、明日は表彰台を目指してレースを戦いたい。


鈴木亜久里監督のコメント

「ドライバーは2人とも良いアタックが出来たと思う。車も最初はバランスが良くなかったけど、徐々に改善していったので、明日はもっと良くなると思うので、期待していて下さい」

伊与木仁エンジニアのコメント

「もう少し上に行きたかったのですが、ドライバー2人が良く頑張ってくれたと思います。午前のセッションはあまりバランスが良くなかったのですが、色々と試した結果、予選のショートランの感触は良くなりました。決勝についてはこれから組み立てていきたいと思います」

野尻智紀選手のコメント

「朝の走行から一歩一歩セットアップを進める事が出来ていたので、その点は良かったと思っています。結果としてはもっと上に行けるように、しっかりと明日の準備をしていきたいと思います。明日は追い上げのレースが出来るように頑張ります」

福住仁嶺選手のコメント

「フリー走行の時は上手く乗る事が出来ていなかったので、Q1は野尻さんに行ってもらいました。Q2は大きなミスはなかったのですが、微妙な位置で終わってしまったので、非常に悔しい気持ちですが、明日も何があるか分からないので、しっかりと戦い抜きたいと思います」

クルマもいい仕上がりで明日は6番手から優勝争いに加わりたい

フリー走行では序盤にターボの不具合が見つかったが、原因がすぐに判明し、修復して予選に向けてセットを進めていった。車の仕上がりは良さそうだ。

Q1はAグループでアタッカーは木村偉織選手。木村選手は前回に続き、1番手でQ1を突破。Q2は武藤英紀選手。気温はQ1より下がり、コンディションが変わったので、車のセットをアジャストし、アタックへ入って行った。

武藤選手はコメントでミスを犯してしまったと言っているが、見事6番手のタイムを叩き出し、明日は3列目からスタートする事となった。表彰台を狙えるポジションだけに明日が楽しみだ。


土屋圭市アドバイザーのコメント

「上出来の予選だったね。決勝のセットも良いので、明日と最終戦は連続表彰台を狙いたいね。決して無理ではないと思いますが、しっかり戦って行きたいと思います」

岡島慎太郎エンジニアのコメント

「走り出しからコンディションが悪い中でも偉織はそこそこのタイムで走ってくれました。その後はコースコンディションも向上したので、周りの車もタイムが上がって行きました。予選に対してはあまりネガティブな印象は無かったので、今日の予選の結果としては上々だったと思います。去年のレースペースが悪かったので、フリー走行は予選セットを進めるというよりは決勝のセットアップ中心で進めていました。フリー走行では、ロングの走行が出来てセットを進める事が出来たので、良いパフォーマンスに仕上がっていると思います。明日は3列目からスタートなので、良い位置でレースを終えられるように頑張ります」

武藤英紀選手のコメント

「今回、走り出しから周りがハーフウェイトになったにもかかわらず早々に手応えがありました。そこからバランス取りをして、予選に向けて車が順調に仕上がったと思います。Q1は木村選手のアタックの状況を見て、Q2に向けて車をアジャストしてもらいました。自分としてはちょっとミスしたところがいくつかあったので、そこをもうちょっと上手く出来ていればと思っていますが、明日は3列目からのスタートで、決勝のペースも良さそうなので、優勝争いに加わりたいと思っています」

木村偉織選手のコメント

「フリー走行では今まで一番苦労していた部分でひとつ解決の糸口が見えて、乗りたかったバランスになってくれました。周りがハーフウェイトになったのですが、それでも良いポジションを得られたので、予選に向けては良い印象を持っていました。タイヤも車も良かったので、自分がやるべき仕事が出来たと思います。良い流れが出来ていると思いますので、明日はしっかり戦って最後まで走り切りたいと思います」

前回に続きピット作業ミスでポイント逃す

快晴で真夏の暑さの中でスタート前のウォームアップ走行が始まった。8番手のタイムを記録し、スタートを待った。

スタートドライバーは福住仁嶺選手。パレードラップ、フォーメーションラップを終え、スタートが切られた。1コーナーで抜かれてポジションをひとつ落としてしまう。しかし、ペースは悪く無い。ピットからはタイヤを労わって走るように指示が出る。

6周目からGT300クラスの周回遅れの車両が出始める。福住選手はGT300車両を上手くかわしながら周回を重ねていく。17周目にGT300車両がコースアウト、FCYが導入されるが、翌周にはリスタートが切られた。

順調に周回を重ね、22周目あたりからルーティンのピットインが始まり、福住選手は25周目にピットイン。

野尻智紀選手に交代。野尻選手は31周目の1コーナーで前車にアウト側から並びかけたが、軽く接触してしまう。片輪をダートに落とし、危うくコースアウトしてしまうところだったが、何とかコースに留まり順位を落とす事なく周回を重ねる。

ルーティンのピットイン作業にミスがあり、36周目にドライブスルーペナルティを受けてしまい、12番手までポジションダウン。42周目までに全ての車両のルーティンのピットインが完了し、野尻選手はポイント圏内の10番手までポジションを回復する。全体的に見ても速いペースでさらに上の順位を狙って行く。

前車がトラブルでピットインしてしまい、9番手に浮上。51周目にGT300車両がコースアウト、FCYが導入される。54周目にリスタートが切られる。徐々にグリップダウンが始まり、ペースが上がらない。56周目には11番手までポジションを落としてしまう。57周目にタイヤ交換のため、ピットイン。周回遅れになってしまったが、ポイント圏内でのゴールの望みを捨てず最後まで走り切ったが、11位でレースを終えた。


鈴木亜久里監督のコメント

「作業ミスが2レース続いてしまったので、再度気を引き締めないとね。残りは1戦しかないけど、ミスなくしっかりと戦えるように準備していきます」

伊与木仁エンジニアのコメント

「ピットで作業ミスがあって、ドライブスルーペナルティを受けてしまい、ドライバー、チームには申し訳ないと思っています。我々の足りないところを見直さなければならないと思っています。野尻選手は頑張ってくれていたのですが、タイヤの摩耗が激しく、フラットスポットが出来てしまい、終盤にタイヤ交換する事になってしまいました。レースラップも悪く無かったのですが、最終戦に向けて切り替えていきます」

野尻智紀選手のコメント

「今回もピット作業ミスが出てしまいましたが、なぜそのようなミスが出てしまったのか、皆で話し合って行きたいと思います。誰が悪いとかではなくて、そういうミスを引き起こしてしまった何かがあると思うので、しっかりと検証して次回のレースに生かしたいです」

福住仁嶺選手のコメント

「今回もスタートを担当させていただきましたが、スタートをうまく決める事は出来ませんでしたが、ペースはそれほど悪く無かったと思います。野尻さんは素晴らしい走りをしてくれて、上位で入賞出来るチャンスがありましたが、ピット作業ミスにより順位を下げてしまいました。残りは1戦ですが、何とか良い結果で最終戦を締めくくりたいので、気持ちを切り替えてしっかりと準備していきたいと思います」

ペース良かったが、突然のタイヤバーストで下位に沈む

ウォームアップ走行はスターティンググリッドと同じ6番手で、車のバランスは良さそうだ。

スタートドライバーは武藤英紀選手。武藤選手はクリーンスタートを切り、1周目は1台抜いて5番手でメインストレートに戻ってくる。武藤選手は速くて安定したラップタイムで周回を重ねて行った。

10周目辺りから徐々に6番手の車が迫ってきて、12周目に抜かれ6番手にポジションを落としてしまう。

タイヤのグリップが徐々に落ちてきたようだ。

15周目に他車がコースアウトしてしまい、FCYが導入される。翌周にリスタートが切られたが、武藤選手は車が思い通りに加速しないと無線で訴えてきた。その後、ひとつポジションを落としてしまい、7番手になってしまう。

22周目あたりからルーティンのピットインが始まり、武藤選手は22周目に6番手に浮上。

26周目にルーティンのピットインで木村偉織選手に代わる。木村選手はアウトラップで1台抜いてくる。34周目には8番手までポジションを回復。40周目には全車のルーティンのピットインが終わり、木村選手は5番手を走行。

47周目に他車がコースアウト、FCYが導入される。50周目にリスタートが切られるが、ここで右リヤタイヤがバーストしタイヤ交換のため、ピットイン。ポイント圏外の18番手までポジションを落としてしまう。最後まで諦めずに走り切ったものの、順位を上げる事は叶わず、18番手でレースを終えた。


土屋圭市アドバイザーのコメント

「前半は難しいコンディションで苦戦しましたが、後半は良いペースだったので上位でフィニッシュ出来ると思っていましたが、なかなか難しいね。みんな一生懸命戦っていただけに悔しいけど、最終戦では今シーズンの不調を吹き飛ばすようなレースをしたいです」

岡島慎太郎エンジニアのコメント

「ウォームアップで確認していた段階では前日と同じフィーリングでバランスは良かったのですが、グリッドについてから路面温度がどんどん上がってしまって、コンディションとタイヤがマッチングせず、ムービングの症状が出てしまいました。武藤さんのスティントではそういう部分で苦労があり、ペースを上げられなかったと思います。後半のスティントについては前半より良くなっていましたが、ポジションがひとつ前の車とバトルしていて、タイヤを労わるように走っていたのですが、バーストしてしまいました。原因が分かっていないので、検証していきたいと思います。不運続きなところもありますが、最終戦はシーズンの締めくくりなので、良い結果を出せるように頑張ります」

武藤英紀選手のコメント

「想像以上に路面温度が高くて、スタート前に想定していたよりも割と早い段階でペース的に厳しくなりました。そこから切り替えて出来るだけ前とのギャップが開かないようにタイヤをマネージメントしながら走っていましたが、木村のスティントになって、何が原因なのか分かりませんが、タイヤがバーストしてしまい、表彰台を狙っていたので、本当に悔しいです。気持ちを切り替えて最終戦で頑張ります」

木村偉織選手のコメント

「武藤さんのスティントではスタート直前にコンディションが変わってしまって、ポジションをキープするのが難しい中、武藤さんは大きく順位を落とさずボクにつないでくれました。ボクのスティントはペースも悪く無くて、上位を狙えそうだったのですが、なぜかタイヤがバーストしてしまいました。ペースが良かっただけに悔しいです。でも気持ちを切り替えて、最終戦こそ結果を出しに行きます」

Round.7 / 2022