レポート Report

ラッキーなPP獲得、それを活かして明日はいいレースを

今年で20周年を迎えたARTA Projectの最初の予選は、ポールポジション獲得という幸先良いスタートとなった。

今年エースドライバーとしてチームを牽引するのは野尻智紀選手。冬のテストから車を作り上げてきた野尻は開幕の予選で何が何でもQ1を突破したいと意気込んでいた。その思いをこの予選にぶつけ、Q1のアタックに入った。野尻はほぼノーミスでアタックを終え、冬のテストで速さが光ったレクサス勢の一角を崩す事に成功し、目標通り見事Q1を突破した。

Q2は今年500クラスに昇格した小林崇志選手。300クラスで速さと確実性を身に着け、チームから絶大な信頼を築いていた小林はQ2のセッションの早い段階でコースイン。タイヤを徐々に暖めながらアタックの準備を整えていた。しかし、他車のコースアウトで赤旗中断となった。この時点でタイミングモニターの一番上には小林がいた。

コースアウトした車両の回収が終わり、セッションは残り3分弱。まだ完全なアタックを行っていない全車はセッション再開とともにコースイン。しかし、コース上に他車が止まってしまい、セッションはここで終了。ARTAは500クラスで7年ぶりにポールポジションを獲得したが、その7年前にポールポジションを獲得したのも小林だった。


鈴木亜久里監督のコメント

「神は見捨ててなかったね(笑)。ポールポジションを獲れたのは嬉しいんだけど、小林に本気のアタックをさせてあげたかったね。まっ、他のドライバーも本気のアタックをさせてあげて、ボク達がどのポジションにいるのかを知りたかったね。ただ、午前のセッションから考えると、トップとそれほど大きく離される事は無かっただろうと予測していから、そこそこ良いポジションからスタート出来るんじゃないかな、と思ってました。明日は良い結果を出せるように頑張ります」

星学文エンジニアのコメント

「朝のセッションは前回の岡山のテストを振り返って、問題点をひとつずつクリアしながら進めていきました。野尻の走行を見て、かなり速いスピードで走ってくれたのでセットの改善が少しずつ出来ていると感じました。予選は午前のタイムの結果から、そこそこ良いポジションを得られると感じていました。思っていたほどレクサスとの差も少なかったですし、結果も良かったので一発のタイムだけで言うと良い出来だったと思います。Q2はタナボタみたいなところもありますが、チームとして久しぶりのポールポジションでしたので良かったです。明日については今日の内容を振り返って、上位でレースを終えられるように準備したいです」

野尻智紀選手のコメント

「Q1で結構良いタイムが出て、トップとの差も少なかったのでQ2もまともに走れれば良いポジションをゲット出来ると思っていました。今日は運もあったと思うんですけど、そんな中でも良い準備が出来てここに来る事が出来たので、チームの努力の結果だと思います。明日はチームの努力に応えられるように全力で戦います」

小林崇志選手のコメント

「Q2はまだタイヤを暖めている最中だったんですけど、雨が降り始めてきたので、急いでタイムを出さなきゃと思っていました。そんな中、他車が雨に足元をすくわれて赤旗中断となってしまいました。再開後も路面が濡れていたので、タイムアップは難しいと考えていました。その前に野尻がQ1を素晴らしいタイムで突破してきたので、刺激も受けましたし、気持ちも引き締まりました。それが良い方向にむかったと思っています。明日は一番前からのスタートなので、かなり良いレースが出来ると思っています。しっかりと集中して気を引き締めて挑みたいです」

不運な赤旗でタイヤを活かせず18番手から

今年は、高木真一選手のパートナーにイギリスのショーン・ウォーキンショー選手を招聘した。ショーンは昨年ブランパンシリーズで活躍していたドライバーでスピードのあるドライバーだ。日本で走行するのは初めてだが、順応のスピードは早くすぐに高木と遜色の無いタイムを叩き出し、その実力の高さを証明した。

特にニュータイヤでの走行は目を見張るものがあり、予選でどのくらい速いタイムを出すのかチームも楽しみにしていた。

Q1はショーンが担当する事になった。雨が降り始めていたので、チームは早めにショーンをコースに送り出した。ウォームアップを終えたショーンはタイムアタックを開始したが、その周の1コーナーで前を走行する車がブレーキングでタイヤをロックさせてしまいコースアウト。車両回収の為に赤旗でセッションが中断されてしまった。

そのままタイムアタックが出来ていれば十分Q1を突破出来るタイムを出せる感触をチームもドライバーも得ていたが、タイヤの最もグリップの高い状態が終わってしまっていたので、セッション再開後のタイムアップは困難だった。明日は18番手と後方からのスタートだが、車のバランスは良いので、徐々にポジションを上げていけるように準備をしたい。


土屋圭市アドバイザーのコメント

「ちょっとタイミングが悪かったね。フリー走行ではQ1を突破出来る手応えがあったけど、運が悪かった。車のバランスは良いとドライバーが言っているので、トラブルに巻き込まれないように最後まできっちり走れば何か良い事があるんじゃないかな」

安藤博之エンジニアのコメント

「午前のセッションは、ショーンがウェットタイヤで走行した事が無かったので、その完熟走行とスクラブを行いました。コンディションがドライになったので、高木さんに予選のセット確認と、ショーンにニュータイヤでの走行確認を行いました。バランスは良かったので、予選では良い結果が望めると考えていました。Q1は赤旗が出たタイミングが悪かったので、Q1敗退となってしまいましたが、車のバランスは良いので、上位でチェッカーを受けられるようにしたいです」

高木真一選手のコメント

「ショーンにとって、初めての車、初めてのサーキットでしたが、テストの時から順調にメニューをこなしていって、Q1も十分に突破できる力があると判断したので行ってもらいました。普通に走れていれば間違いなくQ1を突破出来ていたのですが、タイヤの最もグリップが高いタイミングで赤旗が出てしまい、アンラッキーだったなと思いました。明日は18番手スタートなので、色々な作戦を組んで、1ポイントでも多く獲得出来るように頑張ります」

ショーン・ウォーキンショー選手のコメント

「難しい予選でした。赤旗が出る前は非常に良い状態で走れていましたが、タイヤの良い状態のところを使い切ってしまったので、セッション再開後のタイムアップは難しかったです。しかし、車の状態は非常に良いので、明日は徐々にポジションを上げられると思っています」

せっかくのPPだったがトラブルでスタートできず

今季から決勝日の午前中に行われるフリー走行の時間帯はサポートレースやプロモーションイベントに変わり、決勝直前のウォームアップ走行が20分に拡大された。ウォームアップ走行では決勝に向けたセットの確認をしながらスタートの準備を進めた。

スタートドライバーは野尻智紀選手。パレードラップが始まり、グリッドを離れたところ、同じNSX-GTの17号車がスタートを切れずにいた。そのままフォーメーションラップに入っていったARTA NSX-GTだったが、野尻選手からアクセルを踏み込んでも車の反応が無いと無線が入った。車はそのまま走る続ける事は出来ずにコースの脇に止めざるを得なかった。車両はFROに牽引されながらピットに戻ったが、原因が分からず、残念なりタイヤとなってしまった。

車のパフォーマンスが高かっただけに非常に残念なレースになってしまったが、トラブルを解決し、次回に向けて準備を進めたい。


鈴木亜久里監督のコメント

「せっかくポール獲ったのにガッカリだね。応援して下さった人たちに申し訳ない気持ちです。今回のトラブルをホンダとともに究明して、次回に生かしていきたいね」

星学文エンジニアのコメント

「ウォームアップ走行ではロングランのチェック走行を主に行いました。途中ピックアップもありましたが、その時のコンディションを考えるとタイヤに関しては大丈夫だと思っていました。今回はスタート出来なくて残念でしたが、トラブルの原因をしっかりと調べ、次回でも良いパフォーマンスを発揮出来るようにしたいです」

野尻智紀選手のコメント

「残念な結果になってしまいましたが、オフシーズンに取り組んできた事が昨日の予選に出ましたし、パフォーマンスも確実に上がってきていると思います。次回に向けて気持ちよくレースが出来るようにボク自身も頑張って取り組んで行きたいです」

小林崇志選手のコメント

「最初は優勝出来る手応えは少なかったですが、ウォームアップでレクサスと一緒に走っていてそれほど差が無いと感じていたので、結構良いレースが出来ると思い始めました。しかし、いざスタートしてみたらレースをする事無くリタイヤしてしまいました。上位からのスタートだったので、そのまま走れていればポイントを沢山獲れたと思うので残念です。気持ちを切り替えて次の富士で良い結果を出せるようにしたいです」

下位からのスタート、タイヤ無交換で5位入賞

パレードラップとフォーメーションラップで500クラスの車両が数台止まってしまい、開幕戦はセーフティカースタートとなった。

スタートの高木真一選手は1周目を18番手で戻ってきた。スタート位置が後方だったので、チームはタイヤ無交換の作戦を考えていた。高木はタイヤをいたわりつつ、順位を徐々に上げていったところ、またもやセーフティカーが入り、波乱のレースとなった。

高木はトラブルに巻き込まれる事無く順調に周回を重ねていった。28周を過ぎたあたりから各車がルーティンのピットインに入ったので、高木はここで猛プッシュを開始した。40周目には暫定1番手になり、47周でショーン・ウォーキンショー選手に交代。

作戦通りタイヤを交換せず給油のみでコースに復帰したショーン、この時点で暫定6番手、数周後に全車ルーティンのピットインが完了したところでショーンは4番手を走行、タイヤ無交換作戦は見事に成功した。

しかし、その直後に他車がクラッシュ。再びセーフティカーが入る。約10周に渡りセーフティカーランが続き、59周目に再スタート。タイヤが冷えてしまったので、序盤はペースを上げられず、ひとつポジションを落としてしまうが、その後はペースも安定し、開幕戦を5位で終えた。昨日の予選結果から考えると、非常に良いレースだったと言えるだろう。


土屋圭市アドバイザーのコメント

「タイヤ無交換作戦が的中したね、チームもドライバーも最高の仕事をしてくれた。言うこと無いね。次も良いレースをしたいね」

安藤博之エンジニアのコメント

「ウォームアップではレースに向けてセットの確認をし予選が悪かったので、ギャンブル的な作戦でしたが、高木さんが上手くレースをコントロールしてくれましたし、途中SCが入ったのでタイヤを温存する事も出来たと思います。後半のショーンは終盤タイヤが厳しかったのですが、非常に良いペースで走ってくれてこの結果につながったと思います」

高木真一選手のコメント

「このコースは抜くのが難しいサーキットだから、ボクが先にスタートして出来るだけ引っ張って、なるべく上位まで順位を上げて、タイヤ無交換で行けば良い結果になるだろうと予測していました。タイヤもこの天候に凄くマッチングしていましたし、ブリヂストンさんもとても良いタイヤを作ってくれたので、作戦の幅も広がりこの結果に繋がったと思います。コース上で沢山抜く事が出来たのも、トラクションのかかりも良く、ブレーキも良く効いたので、非常にコントロールしやすくて、岡山でこんなに車を抜いたのは初めてかも知れません。そのぐらい素晴らしい車でした。ショーンも日本で初めてのレースで素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれてよかったです」

ショーン・ウォーキンショー選手のコメント

「とても楽しいレースでした。最初の6周くらいはタイヤの状態も凄く良かったのでプッシュしました。途中セーフティカーが入り、リスタートした時はペースを維持するのが難しく、1台抜かれてしまいましたが、その後は安定してラップを刻む事が出来ました。予選のポジションが良ければ、もう少し上位でフィニッシュ出来たと思うので、少し残念ではありますが、レースは非常に良かったと思います」