レポート・リザルトReport & Result

開催場所:茂原ツインサーキット東コース
開催日:2020年9月19〜20日

コース:茂原ツインサーキット東コース | 天候:晴れ| 路面状況:ドライ | 参加台数:29台


2020年オートバックス全日本カート選手権OK部門第3戦/第4戦は、9月19〜20日の2日間、千葉県・茂原ツインサーキット東コースで開催された。

真夏の暑さが去り、秋の空気に包まれた茂原。天気予報では週末は崩れるとのことだったが、何とか日曜日の第4戦決勝終了まで雨が降り出すことなくスケジュールは消化された。

渡会太一、今季初優勝!!

土曜日のタイムトライアル。気温も低く好タイムを出すには絶好の条件となった。トップタイムをマークしたのはルーキーの平安山良馬(KARTREPUBLIC/TM/BS)。従来のレコードを大きく更新する39.195をマークする。2位に高橋悠之(TONYKART/VORTEX/BS)、3位渡会太一(DRAGOCORSE/TM/BS)と続く。

土曜日夕方に行われた第3戦予選ヒート。スタート前のウォームアップで平安山がスピンしスタート前にリタイアとなる波乱も。レースは高橋がリードし周回を重ねていくが、その高橋も12周目にチェーントラブルでストップ。かわって渡会がトップに立ち、そのままチェッカー。2位に荒尾創大(BirelART/IAME/BS)、3位佐々木大樹(TONYKART/VORTEX/BS)となる。

 

日曜日午前中に行われた第3戦決勝ヒートは、ドライコンディション。雨の心配もなく、レースはスタートする。

好スタートは渡会。その後方では、2番グリッドスタートの荒尾が押されるようにスピンしリタイアとなる。トップの渡会の後方には佐々木、木内秀柾(SWF/IAME/BS)、朝日ターボ(EXPRIT/TM/DL)と続く。序盤からペースに勝る渡会が徐々に佐々木を引き離し独走態勢を固めていく。佐々木も単独走行となり、やや離れた3番手争いには予選で止まりタイヤを温存できた平安山が急浮上してくる。

 

終盤に入っても渡会のペース変わらず、そのまま渡会、佐々木、平安山の順でチェッカー。しかし平安山はフロントカウルペナルティがあり降格。かわって朝日ターボ(EXPRIT/TM/DL)が3位となった。


渡会太一/優勝ドライバーのコメント

やっとスタートを決めることができました。開幕のAPGでは苦しいレースでしたが、今回はTTから調子もよく、うまくレースができたと思います。午後のレースもドライで走りたいですし、また勝ちたいと思います。


渡会太一が2連勝、今度はブリヂストンが表彰台独占‼

第4戦の予選ヒートもドライコンディションのまま。スタートでは渡会がトップを奪うが、6周目の最終コーナーで平安山が逆転。その後は平安山がトップチェッカー。OKクラス初の決勝PPを獲得した。

天気予報では雨も考えられた第4戦決勝ヒート。しかし、ポツポツとした雨は降ったものの、本格的な降りにはならずドライコンディションでレースが行われた。

好スタートで飛び出したのは渡会。その後方に平安山、佐々木大河(PRAGA/TM/BS)、佐々木大樹と続く。9周目に平安山がトップに浮上すると、そのままレースをリードしていく。2番手には佐々木大樹が上がり、渡会は4番手まで順位を落とす。後半に入ると、19周目のヘリポートコーナーで佐々木大樹がトップに浮上。2番手には渡会が上がってくる。

21周目、渡会は佐々木をかわしトップに浮上。その後は佐々木を振り切るようにリードを広げると、そのまま逃げ切って2連勝を飾った。2位に佐々木大樹、3位に平安山が入った。

渡会太一/優勝ドライバーのコメント

前半は苦しい走りとなりましたが、後半の強さには自信を持っていたので、前に追いつくと信じて走っていました。この調子でSUGO大会でも連勝し、チャンピオンを獲りたいと思います。


Rd.3&4 MOBARA / 2020