レポート・リザルトReport & Result

開催場所:鈴鹿サーキット国際南コース
開催日:2020年12月12〜13日

コース:鈴鹿サーキット国際南コース | 天候:晴れ| 路面状況:ドライ| 参加台数:29台


2020年オートバックス全日本カート選手権OK部門第9戦/第10戦は、12月12〜13日の2日間、三重県・鈴鹿サーキット国際南コースで開催された。

異例ともいえる12月開催となった最終戦。しかし、12月とは思えない暖かな週末となった。

シリーズチャンピオンは、前回のもてぎ大会終了時点で渡会太一(DragoCorse/TM/BS)が獲得。この最終戦では、渡会が勝利数を伸ばすのか、それとも新チャンピオンに対し、他の選手が意地を見せるのかに注目が集まった。

波乱のレースは遠藤照剛が初優勝!

土曜日のタイムトライアル。2グループに分かれる中、トップタイムをマークしたのは2組で出走した荒尾創大(BirelART/IAME/BS)。2番手に新チャンピオンの渡会、3番手に鈴鹿を地元とする佐藤凌音(INTREPID/TM/BS)、4番手に野村勇斗(PRAGA/TM/DL)と続く。

予選ヒートでは、渡会がスタートでトップを奪い、荒尾、野村、佐藤、佐々木大樹(TONYKART/VORTEX/BS)らが続く。トップの渡会は、序盤にリードを奪うものの、そのマージンを佐藤が削っていき、6周目にトップを奪う。その後は佐藤を先頭に渡会、佐々木、荒尾、平安山良馬(KR/TM/BS)と続く。

一時は佐々木もトップを走るが、終盤は渡会と荒尾のバトルとなり、最終ラップの最終コーナーの攻防を制した渡会がわずかに先着し決勝PPを獲得した。

 

24周で戦われる決勝レース。スタートでは、好ダッシュを見せた佐々木がトップを奪い、荒尾、渡会、平安山らが続く。このトップ集団に接近してきたのが遠藤。遠藤も加え5台となったトップグループが接近戦を展開しながら周回を重ねていく。さらに、トップ争いが激しくなるにつれ、後方から佐々木大河(PRAGA/TM/BS)が差を詰め、トップグループに接近してくる。

 

終盤、激しさを増したトップ争いで渡会と荒尾が接触し、ともに順位を落とすアクシデント。これでトップに立ったのは遠藤。遠藤は2番手をやや引き離し周回を重ね、そのままチェッカーを受けると念願のOK初優勝を飾った。


遠藤照剛/優勝ドライバーのコメント

今回は練習の時から自信はありましたが、鈴鹿を走るのも2年ぶりなのでAPGの時ほどの自信ではありませんでした。トップグループに追いついても、自分自身もミスをしていたので、じっくりとチャンスを待っていました。正直、今のいい気持ちのまま帰りたいですが(笑)、午後もう一度いい気分になれるように頑張ります。


荒尾創大が今季2勝目を獲得!

風が強くなり寒くなってきた鈴鹿。この気温の低下がレースにどう影響するのか。

第10戦予選ヒートでは佐々木大樹がスタート前にピットに戻りリタイア。さらにスタート直後の1コーナーでは、渡会がコースアウトしリタイアとなる。

トップは佐藤凌音。その後方に荒尾、野村と続く。5周目、野村が2番手に上がる。その後方ではバトル中の不利もあり、荒尾がポジションダウン。

トップは佐藤が独走となり、そのままチェッカーまで突っ走ると、OKクラスで初のポールポジションを獲得。2位に野村が続いた。

いよいよ最後のレースとなる第10戦決勝。スタートは野村がホールショットを獲得し、まずはトップでオープニングラップを終える。その野村に襲い掛かったのが大宮賢人(INTREPID/TM/BS)。大宮は3周目にトップを奪い、10周目まで首位をキープする。大宮を逆転したのは平安山。初優勝が欲しい平安山はリードを広げていく。平安山が逃げるかと思われたが、集団を抜け出した荒尾が平安山に迫り、トップ争いが激化する。

終盤に入ると、渡会がトップに迫り、22周目には2番手に浮上。荒尾に迫っていく。しかし、最終ラップに渡会はマシントラブルによりリタイア。これでトップ安泰となった荒尾が逃げ切り、最終戦を優勝で飾った。


荒尾創大/優勝ドライバーのコメント

平安山選手が逃げたときは少し不安もありましたが、前が空いてからは自分のほうがペースがいいと信じて走りました。来年はチャンピオンを獲れるように頑張りたいと思います。


Rd.9&10 SUZUKA / 2020