レポート・リザルトReport & Result

開催場所:鈴鹿サーキット国際南コース
開催日:2018年11月17日〜18日

コース:鈴鹿サーキット国際南コース | 天候:晴れ| 路面状況:ドライ | 参加台数:27台


2018年オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第9戦・第10戦が11月17~18日の2日間、三重県・鈴鹿サーキット国際南コースで開催された。

前回のSUGO大会から2か月のインターバルを経た今大会。シリーズチャンピオンを決する今大会には、初出場も含め27台が集結した。

タイトル争いは佐藤蓮(DragoCorse/TM/YH)、名取鉄平(BirelART/IAME/BS)、三村壮太郎(Crocpromotion/TM/YH)、高橋悠之(TONYKART/VORTEX/BS)、佐々木大樹(TONYKART/TM/BS)の5人に絞られている。チャンピオンを獲得すれば、佐藤にとっては2年連続、名取、三村、高橋は初のタイトル、佐々木は10年ぶりのタイトル獲得となる。

佐々木大樹、今季最多勝となる3勝目を獲得!

土曜日に行われたタイムトライアル。当初予想では先に出走するA組有利と思われていたが、総合トップを奪ったのはB組で出走した名取。2番手に水野晧稀(INTREPID/TM/BS)、3番手野中誠太(SWF/IAME/BS)、4番手佐藤巧望(INTREPID/TM/BS)、5番手佐々木、6番手に佐藤蓮と続く。

夕方に行われた予選ヒート。日も沈み始め、風も吹いてきたため、TT時とは条件も異なる。好スタートを見せたのは野中、逆に名取はスタートに失敗し8番手まで順位を落とす。2周目には佐々木がトップを奪い集団を引っ張っていく。佐々木はそのまま最後までトップを守ってチェッカー。2位に野中、3位水野、4位佐藤(巧)、5位名取、佐藤蓮は7位でフィニッシュとなった。

快晴で迎えた決勝日。決勝スタートでトップに立ったのは水野。それを野中、佐々木、名取らが追い、佐藤蓮は13番手でオープニングラップを終える。2周目、佐々木が2番手に上がり、さらに水野を追っていく。5周目には水野をとらえた佐々木がトップに浮上。佐々木はペースを上げ、後続を引き離し独走態勢へと持ち込む。2番手に上がった野中も単独走行となるなか、3番手には三村壮太郎(Crocpromotion/TM/YH)が浮上。さらに、佐藤蓮も着実に順位を上げてくる。

トップの佐々木は、そのまま逃げ切って今季3勝目を獲得。2位に野中、3位に三村が入り、佐藤蓮が4位チェッカーとなったため、タイトル争いは佐藤蓮と三村の二人に絞られることとなった。


佐々木大樹/優勝ドライバーのコメント

終盤にはタイヤが厳しくなり苦しくなりましたが、序盤に築いたリードもあり逃げ切ることができました。午後のレースでも、このまま連勝したいです。


佐々木大樹が2連勝! チャンピオンは佐藤蓮が2連覇を達成!

第9戦の結果により、早ければ第10戦予選ヒートでタイトルが決することとなったOKクラス。注目の予選では佐々木がトップを奪いレースをリード。2位に名取が上がり、3位に佐藤蓮が上がってくる。一方、逆転タイトルを狙う三村は、後方スタートのためなかなか順位を上げることはできない。

結局、三村が下位でチェッカーとなったことから予選終了時点で佐藤のシリーズ2連覇が決定した。

決勝ヒートでは佐々木と名取がマッチレースを展開。しかし、レースが中盤を過ぎると、佐藤が追い上げをはじめ、19周目にはまず名取を仕留め2番手に浮上。さらに21周目には佐々木をかわしトップへと浮上する。これで勝負あったかに思われたが、最終ラップに佐々木が逆転。その後は佐藤を抑え込んだ佐々木が第9戦に続く2連勝を飾った。

佐々木大樹/優勝ドライバーのコメント

まさか佐藤選手が来ているとは思っていなくて、後ろを見たら敵がかわっていて、タイヤも違い向こうにマージンがあると思っていました。それからは抑えようと思っていたのですが、なかなか抑えることができず、食らいついて最後のワンチャンスでうまく仕留めて勝ったという感じです。


佐藤蓮/優勝ドライバーのコメント

チャンピオンを取れたことはポジティブにとらえていますが、最後はやはり勝って決めたかったので悔しいです。今季は開発ドライバーを務め、自分の足りない部分を見つけることもできたので、これからのキャリアに大きく結びついていくと思います。