レポート Report

後方スタートだが、ジワジワ追い上げてポイントを

前戦でARTAは500クラス、300クラスのダブルでポールトゥウィンという偉業を達成したが、ドライバーもチームも第5戦終了直後から既に第6戦を見据えて気持ちを切り替えていた。

シリーズ戦の中で最も距離が長いこの第6戦の”Suzuka 1,000km”は毎年夏の風物詩的なレースだったが、今年で46回目という長い歴史の幕を閉じる。GTのシリーズ戦に組み込まれたのは2006年からだが、この歴史的なレースでARTAは優勝を飾った経験もあり、最後のレースを有終の美で飾りたい。

前回の優勝でハンディキャップウェイトは62kgになり、かなり重くなっているものの開幕前から車のバランスは良く、ウェイトの影響が少なそうだ。午前のセッションは決勝を想定して走行し、ポジションは常に中盤から上位にをキープ出来た。Q1のアタックを担当した野尻智紀はセクター3まで自己ベストを更新していたが、セクター4でタイムを伸ばす事が出来ずQ2進出はならなかった。しかし、決勝を見据えた車のセットは良さそうなので、長距離のレースで徐々に順位を上げて表彰台の一角を狙いたい。


鈴木亜久里監督のコメント

「予選のポジションは悪かったけど、それほど悲観はしてない。ドライバーやエンジニアの話を聞くと車のバランスは良さそうだし、決勝のセットも良さそうなので明日は後方からジワジワ追い上げてポイントを取りたいね」

星学文エンジニアのコメント

「午前は車重が重くなる事を想定して走行しました。ベースのセットは悪くなかったですし、予選に向けてアジャストしていけばQ1は突破出来ると思っていました。最終セクターまではタイムも良くて4-5番手まで行けると思いましたが、止まりきれないところがあってタイムを伸ばす事が出来ませんでした。ドライバーは当然コンディションに合わせてコーナーへ入っていくので、ドライバーのミスというよりグリップが合わなかったという見方になると思います。決勝のセットも確認しましたが、まずまずのバランスですし、距離が長いレースなので追い上げられるように作戦を組みます」

野尻智紀選手のコメント

「午前のセッションは車のバランスも良くて、予選に向けて順調に進化させる事が出来たので、予選までに午前より良い車に仕上げる事が出来たと思います。最後のタイムアタックではセクター3までは上手くいっていて、セクター4でまとめれば良いポジションに行けると思っていました。しかし、思いの外、車が止まりきらなくて大きくタイムを落としてしまいました。車のバランスは燃料を積んでも悪くなかったので、そこから更に良いものを見つけながら、1ピット毎に順位を上げて行けるように準備します」

小林崇志選手のコメント

「前回優勝したので結構ウェイトを積む事になりましたが、それでもバランスは悪くないです。Q1は突破出来る手応えがあり、野尻選手もセクター3までは凄く良いタイムで走ってきてくれたので、車のパフォーマンスは非常に高いと思っています。明日は長距離レースで予選の位置については普段のレースに比べるとそれほど悪影響は無いと思うので、しっかり走りきって上位に行きたいです」

コースとのマッチングか?バランス良くも順位上げられず

前回の優勝によりハンディキャップウェイトが76kgになったARTA BMW M6 GT3だが、重量が増えても車のバランスは良さそうだ。鈴鹿との相性が良くないと感じていたチームだが、車のセットアップやタイヤの状態は過去の鈴鹿と比べると最も良いコンディションのようだ。

しかし、午前のセッションではタイムが伸び悩んだので、予選に向けたセットを変更していった。Q1のアタッカーは高木真一。高木も車のバランスの良さに太鼓判を押していて、タイムアタックは満足の行くアタックが出来たものの、それ以上に周りが速く、Q1を突破する事が出来なかった。

ARTA BMW M6 GT3にとっては非常に厳しい予選になってしまったが、明日のレースに向けて1点でもポイントを獲得出来るようにプッシュしていきたい。


土屋圭市アドバイザーのコメント

「性能調整の影響もあるんだろうけど、BMWは鈴鹿との相性が悪いので非常に厳しい予選になったね。でも、車のバランスは良いので後方のスタートだけど、ジワジワと順位を上げていきたいね」

安藤博之エンジニアのコメント

「早朝に降った雨が残っていて、午前のセッションの序盤はウェットコンディションだったので、タイヤの比較が出来ず、スクラブを進めました。その後はタイヤの比較とセットアップの確認をしました。車のバランスは良いのですが、他車に比べるとタイム的に遅いです。予選に向けてセッティングも変えて向上したのですが、車の特性なのか、コンディションとのマッチングなのか分かりませんがQ1を突破出来ませんでした。後方からのスタートになりますが、長距離レースなのでミス無く走りきってポイントを獲れるようにしたいです」

高木真一選手のコメント

「M6自体がこのコースに合っていないのかな?という感じもあります。去年よりははるかに車の状態は良かったのですが、鈴鹿の悪いところを探り出してセットを進めていったら、午前のセッションでのフィーリングは良くなりました。タイヤも少しギャンブルし予選用にセッティングも尖った内容にして、それも良い方向に行きました。自分のフィーリングではQ1通った、と思いましたが、周りがそれ以上にタイムを出していてQ2に進めませんでした。その周りのタイムを見ていると昨年以上に速いので、ポイント圏内に行くのは相当難しい戦いになると思います。長いレースなので、自分達の力を出し切り、タイヤも全部使い切るような勢いで10位以内を目指して行きたいです」

ショーン・ウォーキンショー選手のコメント

「富士のレースで成功を収め鈴鹿に来てハードなチャレンジを再開しましたが、非常に難しかった。車の状態は良いものの、Q1で23番手が精一杯だった。しかし、明日は距離が長いレースなので、ポイントを獲得出来るようにしぶとく走りたいと思います」

午前のバランスの良さが決勝で急変、しぶとく走り8位ポイント

レース中の気温が30℃以上になる予報があり、スタート直前のウォームアップ走行では決勝のセット確認を行い、微調整をしてスタートを待った。ウォームアップ走行での車のバランスは向上しているようだ。

スタートドライバーは野尻智紀。長丁場のこのレースはレースが荒れる事が多いので、序盤を後方から様子をみながら戦況を見て、後半に勝負をかける作戦だ。しかし、序盤からハイペースでレースが進んだ。野尻はトップグループと同レベルのラップで周回を重ねた。

15周を過ぎたあたりから徐々に動きが出始める。コースアウトしてしまう車が出てきたり、柔らか目のタイヤを選んだチームは早めのピットインが始まる。野尻はペースも良かったので、他車のピットインに助けられたとはいえ、ポイント圏内まで順位をあげてきた。

徐々に300クラスの車も増えてきて、タイヤも摩耗が進んできたので予定を早め28周でピットイン。小林崇志に交代した。小林は序盤速いペースで周回を重ねるものの、周回を重ねるに連れ徐々にバランスが崩れてきたようだ。

小林のスティント中にチームメイトの高木が他車に追突されてセーフティーカーが導入された。小林はここで前車とのギャップを取り戻し、再スタートを待ったが、順位を落としていたので、ここで作戦を変更してセーフティーカーが出ていってピットロードがオープンになったと同時に野尻に交代。野尻は最初の数周は何とか速いラップで周回するものの、徐々にバランスが崩れてきてコントロールに苦しんでいた。

順位を12番手まで回復したものの、なかなかペースが上げられないので、78周目にルーティンのピットインを行った。小林はコンディションが変わってコントロールが難しくなった車を何とか安定したペースで走らせていた。

順位の変動も無く、野尻に交代。野尻はポイント圏内の10番手まで順位を上げたものの、そこから順位を上げるのは困難なほど車のバランスが変わっていた。改善出来ないまま最後のスティントを小林に託した。

小林は前車の脱落もあり、8番手まで車を走らせた。途中、他車のトラブルに巻き込まれそうになり、危うくクラッシュするところだったが、何とか切り抜け、8位でチェッカーを受ける事に成功した。


鈴木亜久里監督のコメント

「昨日から車のバランスも良くて、決勝を想定したセットも速かったんだけど、コンディションの影響なのかペースを上げる事が出来なかったね。原因が分からないので、帰ってもう一度このレースを見直して、タイのレースに挑みたいね。次は軽くなるから、優勝争いが出来るように頑張ります」

星学文エンジニアのコメント

「昨日のポジションが悪かったので、どうやって追い上げようかと考えていました。ウォームアップでは良い感触だったのですが、いざ走ってみるとなかなかペースを上げられませんでした。帰って分析して次のレースの為に準備したいです」

野尻智紀選手のコメント

「厳しいレースになってしまいました。始まる前まではレースペースは良いと思っていましたが、そうではありませんでした。作戦やレース展開で挽回していきたいと頑張っていましたが、トップと同一周回でチェッカーを受ける事が出来たものの、他と争える力がありませんでした。次のレースに向けて準備していきたいと思います」

小林崇志選手のコメント

「ウォームアップ走行では非常にフィーリングが良かったので、後方から追い上げられると思っていました。いざ自分のスティントで走り始めたら、自分では予想できないバランスに変わっていたので、ペースを上げる事が出来ませんでした。こんな状態でもポイントを獲得出来たのは収穫だと思います。次回のタイはウェイトも半減するので、しっかり準備していきたいです」

ポイント圏内も見えていたのに、残念なアクシデント

スタートのポジションが後方だったので、最初のスティントは短めにする事をチームはスタート前に決めていた。スタートを担当したショーン・ウォーキンショーは序盤の3周までに順位を21番手まで上げて戻ってきた。車にはスピードがありそうだ。しかし、混戦の中で順位を上げていくのは困難なので、早めの交代で前がクリアになったところで高木真一が長めのスティントを走り順位を上げていく作戦を取った。

レース前のウォームアップランで決勝に向けてセットのアジャストを行ったのが良かったのか、トップグループのペースとはまだ差があるものの想定以上の速いタイムで周回を重ねていった。他車のピットインもあったが、高木は35周目までにポイント圏内まで順位をあげた。

タイヤのグリップは落ち始めていたが、ペースを落とすことなく高木はルーティンのピットインの為にピットロードへ入ろうとした瞬間、後方から他車に押し出されてしまった。為す術も無く、車はガードレールに激突してしまった。走行を続ける事が出来ず、リタイヤとなってしまった。今回のレースはペースも良く、ポイントを獲得出来る手応えがあっただけに残念なレースとなってしまった。


土屋圭市アドバイザーのコメント

「作戦はパーフェクトだったけど、真一が可哀想だったね。あれは避けようが無い。ポイントを獲得するのは難しいと考えていたけど、真一の努力でその可能性も出てきたので、このリタイヤは本当に悔しかったね」

安藤博之エンジニアのコメント

「スタート位置が後方だったので、早めのピットインで前がクリアラップでペースを上げてポイント獲得を狙っていました。リタイヤするまではポイント圏内を走れていたので残念です」

高木真一選手のコメント

「ピットインの直前はタイヤもギリギリだったのですが、それでも何とか良いペースで走れていたので車は昨日よりも格段に良かったです。ポイント圏内までポジションを上げる事が出来たのでこのリタイヤは本当に残念です。真後ろから押されたので回避しようが無かったです」

ショーン・ウォーキンショー選手のコメント

「スタートを担当してショートスティントだったのですが、車のコンディションは非常に良かったです。高木さんがどんどんポジションを上げていってポイントも獲得出来ると思ったので、このリタイヤは残念です。次のレースに気持ちを切り替えて頑張ります」